→ KYOTO

新 着 情 報

プレゼント

小書院 牡丹の間 ・ 新書院 楓の間

ぼたんのま  botanno-ma・かえでのま  kaedeno-ma

 


月光殿に附属した建物内には、茶室として使用できる書院の「牡丹の間」と「楓の間」があり、牡丹の間は十畳と控えの間四畳、楓の間は八畳+八畳と大寄せの茶会に十分に対応できる広さです。大玄関や牡丹の間は、もとは東京麻布の鍋島藩邸にあったもので、月光殿と同じ機に移築されたものです。楓の間は、先々代貫首の僧坊跡。

PhotoGallery

 

牡丹の間 平面図


▶ 拡大する

楓の間 平面図


▶ 拡大する

▶護国寺茶寮紹介 TOPに戻る

 

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット