→ KYOTO

新 着 情 報

プレゼント

サントリー美術館
リニューアル・オープン記念展 Ⅱ 「日本美術の裏の裏」

 

2020年9月30日(水)~11月29日(日)

日本人にとって「美」は、生活を彩るものです。室内装飾をはじめ、身のまわりのあらゆる調度品を、美意識の表現の場としてきました。そのような「生活の中の美」を、ひとりでも多くの方に愉しんでいただきたい。それが、1961年の開館以来変わることのない、サントリー美術館の基本理念です。
一方で、美を生み出してきた日本人の「生活」そのものは大きく変化しています。障子や畳、床の間が住まいから姿を消し、古文も外国語のように感じられる今、古美術をどう愉しんだらよいか悩める方も少なくないでしょう。
そこで本展では、生活の中の美の“愉しみ方”に焦点をあて、個性ゆたかな収蔵品の中から、日本ならではの美意識に根ざした作品をご紹介します。古の人々の愉しみ方を知り、追体験することは、現代人にとって知られざる裏ワザ鑑賞と言えるかもしれません。
「裏」には、見えない部分だけでなく、奥深く、隠された内部という意味があります。日本美術をより深く愉しめるように、教科書では教えてくれない面白さの一端をご案内します。目に見えていない(=裏)ところにこそ、魅力が隠れている(=裏)かもしれません。

(サントリー美術館HPより)

会期 9月 30日(土) ~ 11月29日(日)
※作品保護のため、会期中展示替有り。
開館時間 10時~18時
※金・土および11月2日(月)、22日(日)は20時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
休館日 火曜日(ただし11月3日、24日は18時まで開館)
※shop×cafeは会期中無休
入館料 一般1,500円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料

 

[呈茶席(お抹茶と季節のお菓子)]
開催日:10月1日(木)・15日(木)・29日(木)、11月12日(木)・26日(木)
時間:11時30分~17時30分(入室は17時まで)
13時、14時、15時にはお点前があります。
会場:6階茶室「玄鳥庵」 定員:1日限定50名(当日先着順)
呈茶券:1,000円(別途要入館料)
※呈茶券は当日10時より3階受付にて販売(予約不可、お一人様2枚まで)
※変更・中止の場合があります。

 

詳細は、サントリー美術館ホームページをご覧ください。
アクセスなどの関連情報は… デジタル茶の湯マップ サントリー美術館

 

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット