→ KYOTO

新 着 情 報

プレゼント

〈終了〉柿傳ギャラリー チーム九谷展 Ⅴ ーいのちの輝きー

※この展示会は終了しました

令和2年10月12日(月)~10月18日(日)

新型コロナウイルスの感染が世界中に広がる中、東京では3密(密閉・密集・密接)を避ける暮らしが続いています。このウイルスは人間を分断し、孤立化します。
しかし、われわれは連帯と協調によって、この難局を乗り越えなければなりません。コロナの感染が終息した後、日本人の自然観を根底としたアートや工芸が世界中で注目されるだろうと、私は思っています。
そこで、今回のテーマを「いのちの輝き」としました。
日本人の自然観を持って表現された造形が創り出す空気感や、色彩が発するエネルギーを感じることで、共に元気になれればと願っております。

森 孝一(美術評論家・日本陶磁協会 常任理事)

(柿傳ギャラリーHPより抜粋)

[出品作家] ※( )は在廊日
齋藤まゆ Saito Mayu(10月12日~13日)
佐藤 亮 Sato Ryo
武腰 潤 Takegoshi Jyun
田島正仁 Tajima Shoni
田畑奈央人 Tabata Naoto
中田一於 Nakada Kazuo
中田雅巳 Nakada Masaru(10月15日~16日)
福永幾夫 Fukunaga Ikuo
見附正康 Mitsuke Masayasu(10月15日~16日)
南 繁正 Minami Shigemasa(10月15日~16日)
福島武山 Fukushima Buzan
牟田陽日 Muta Yoca(10月15日)
谷敷正人 Yashiki Masato(10月12日~16日)
𠮷田幸央 Yoshita Yukio(10月15日~16日)
(五十音順)

 

会期 令和2年10月12日(月)~10月18日(日)
開館時間 午前11時~午後7時まで(最終日の10月18日は午後5時まで)
休館日 会期中無休

詳細は、柿傳ギャラリーホームページをご覧ください。
アクセスなどの関連情報は… デジタル茶の湯マップ 柿傳ギャラリー

 

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット