→ KYOTO

新 着 情 報

プレゼント

やまもと工藝

やまもとこうげい

着付けが「早く楽で美しく」仕上がるのは
仕立ての腕にかかっていることを実感できる工房です

きものをきれいに着こなすには、着付けのテクニック以上に大事なのが「仕立て」だと、ある着付けの達人が言っていました。たしかに、同じ採寸表をもとに仕立てたきものでも、着付け上がりの見た目や着心地に違いがあります。
「採寸表の数字には表れない部分がとても肝心で、ディテールを美しく見せる仕立ての術なのです」と和裁師の山本秀司さん。1994年には全国和裁技術コンクールで第一位となり内閣総理大臣賞を受賞した技の持ち主です。18年前に設立した「やまもと工藝」では、茶入や茶碗の袋の仕立てができ、もちろんお手入れ、仕立て教室、着付けなど、きものに関することならなんでも相談にのってもらえます。
仕立てについては、体型や着方の好み、ライフスタイルに合わせたぴったりな着心地を実現するために、基本的には必ず対面での打ち合わせを行っています(出張相談可)。まさに和のオートクチュールは「からだにきものが吸いつくよう!」と、リピーターが多いのも頷けます。

 


「夏の襦袢は麻と思われがちですが、麻より正絹のほうが圧倒的に涼しいのです」。洗える正絹長襦袢(仕立て上がり9万円(税別)~)。


糸から選び抜き、試行錯誤を重ねて完成した、オリジナルの洗える正絹単衣地(仕立て上がり18万円(税別)~)。高温でアイロンがかけられ、お手入れが簡単です。


洗える正絹単衣地を使ったオリジナルデザインウェア。上「サライ」64000円(税別)~、下「サライほとむす」68000円(税別)~。


仕立ての打ち合わせスペース。仕立て代は5万円(無地・袷/税別)など。


親しくしている作家の作品や、各地の風土を感じられる布。山本さんの目にかなったきもの地や帯地の数々も。


茶入袋の仕立て代は2万円(税別)~


手縫いの袈裟や、仏像の体内に納める舎利器の袋の作製依頼など、高い縫製技術を必要とする仕事も手掛けています。


マニュアルやカリキュラムはなく、ひとりひとりの希望とペースに合わせた教室。仕立て教室では自分が縫いたいものを縫います。


鈴木時代裂研究所の裂を使った袋物の受注も行っています。

 

やまもと工藝

http://yamamoto-kimono.com/
ブログ http://blog.yamamoto-kimono.jp

所在地 神奈川県横浜市西区岡野1-17-1 2F
TEL 045-410-0410
営業時間 10時~18時 日・祝・月曜日定休
アクセス JR線、東急東横線、みなとみらい線、京浜急行本線、相模鉄道線、
横浜市営地下鉄ブルーライン「横浜駅」西口から徒歩
8

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット