→ KYOTO

新 着 情 報

プレゼント

茶の湯菓子 亀屋萬年堂

ちゃのゆがし かめやまんねんどう

愛らしい形と色で四季を表す干菓子、素材の風味を大事にした上生菓子。
どのお菓子からも、作り手の真摯な姿勢が伝わってきます。

「茶の湯菓子 亀屋萬年堂」は明治38年(1905)の創業以来、店を持たず、注文を受けて作る茶席のお菓子ひとすじに歴史を重ねてきました。増上寺、護国寺、日枝神社、湯島天神など名だたる寺社の献茶添え釜をはじめ茶会、茶道教室で用いられ、また、樹木希林さんが茶道教室の先生を演じて評判を呼んだ映画『日日是好日』(2018年公開)では茶席の干菓子を担当しました。

初代の長野嘉吉さんは京都発祥の老舗「亀屋和泉萬年堂本店」(中央区銀座)で分家後、東京駅八重洲に干菓子の工房を構えます。時を経て現在は、商談と受け渡しの場として吉祥寺に本社を、10人ほどの職人さんが働く工房を西東京市に置いています。2代目までは干菓子専門でしたが、3代目当主の長野祐治さんはその伝統を受け継ぐとともに上生菓子も作り始めました。白餡に砂糖と餅粉を練り込んだ「練り切り」、餡玉のまわりにそぼろ状の餡をつけた「きんとん」など、吟味した食材で作るおいしいお菓子が亀屋萬年堂の自慢です。

上生菓子作りは今は息子の長野貴弘さんが担っています。貴弘さんは茶席の趣向に合わせた創作菓子も得意で、「これは何を表現しているのだろうとお茶席で話題になるような、抽象的なお菓子を父と考えるのが楽しいですね」と話します。この春から吉祥寺本社では日曜日に、西東京市工房では平日に上生菓子1つ300円〜、干菓子1袋400円〜などの店頭販売を始めました。熟練の技の干菓子、若い意欲に満ちた上生菓子をぜひご家庭でも味わってみてください。


夏の干菓子の一例。手前から時計回りに青楓、水玉、笹の葉、撫子、貝2種、短冊。


七夕をイメージした星とせせらぎ。


秋の干菓子の一例。手前から上へいちょう、もみじ、松葉、千代結び、松笠2種、蔦の葉 菊の葉。


春の干菓子の一例。手前から時計回りに福寿草、つくし、わらび、蝶々二種、桃の花、観世水。


創業以来受け継がれる、明治から大正時代に作られた落雁の木型。こうした細工が彫れる職人も今はほとんどいなくなってしまったそうです。


5月末〜6月の上生菓子「紫陽花」。そぼろ状にした百合根のきんとんでこし餡を包み、寒天の露を置きました。淡い紫色が上品です。


こし餡の上に紫の餡をのせ、葛で包んだ「銀河」。金粉は小惑星探査機「はやぶさ」でしょうか。


京都の広沢池をイメージした練り切り「広沢」。水の波紋が涼しげです。
一粒の大納言は岩? 蛍? 見立てはご自由に。


口中に広がる小豆の風味がやさしい水ようかんは400g2000円(税別)。
日曜限定で店頭にて1つ250円で販売しています。


パステルカラーがさわやかな寒天菓子は1袋400円(店頭価格)。


茶席用のお菓子の相談などに使われる茶室は祐治さんが修めた花月菴流煎茶道の設えです。祐治さんは淡交カルチャー教室「和菓子講習会」の講師も務めています。


長野祐治さんと長野貴弘さん。貴弘さんは理科系の大学を卒業してこの道に入りました。「材料の分量や工程の時間など、父のように昔ながらの塩梅ではやりづらくて、計数化しています」

茶の湯菓子 吉祥寺亀屋萬年堂
http://kameyamannendo.sun.bindcloud.jp/index.html
https://www.kameyamannendo.co.jp


吉祥寺本社

住所 東京都武蔵野市吉祥寺東町1-25-14
TEL 0422-22-6466
店頭販売 日曜のみ(期間限定)、10:00〜18:00、なるべく予約を
アクセス JR中央線「吉祥寺駅」東口から徒歩8分

西東京市工房

住所 東京都西東京市泉町1-9-23
TEL 042-467-1471
FAX 042-464-3459
店頭販売 10:00〜18:00
定休日 日曜
アクセス 西武新宿線「田無駅」から徒歩20分

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット