→ KYOTO

新 着 情 報

プレゼント

星岡

ほしがおか

北大路魯山人の味と、もてなしの心を受け継ぐ阿佐ヶ谷のサロン。
亭主による時代考証の行き届いた、知的で斬新な茶事をお楽しみください。

JR阿佐ヶ谷駅北口から徒歩25分ほど。早稲田通りの北側に広がる住宅街の一角に、蔦のからまる塀と丈高い庭木に包まれた、歴史を感じさせる日本家屋が立っています。象形文字で「星岡」と書かれた表札を門柱に掲げるこの屋敷の主は、茶道家の井関脩智(宗脩)先生です。お茶の歴史はもちろん日本の食や陰陽五行でアプローチする年中行事にも詳しく、京都芸術大学で講座を持ち、また現在放送中のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』では華道・茶道指導を担当するなど、多方面で活躍されています。

もともと星岡の主たる事業は、かつて「星岡茶寮」で供されていた料理を教える「星岡日本料理講習会」でした。星岡茶寮で修業し、その後姉妹店「銀茶寮」の料理長を務めた藤本憲一氏が講師を務め、北大路魯山人の味が習えるとあって評判を呼んだそうです。藤本氏は著書『日本料理入門』(柴田書店)の中で星岡茶寮の料理を再現しており、今では貴重な資料といえます。

叔父である藤本氏から星岡を受け継いだ井関先生はその後、料理だけでなくお茶の世界へ間口を広げました。現在星岡では、先生の知識と蘊蓄が詰まった月替わりの趣向が楽しみな月釜をはじめ茶道・茶花・灰形の各教室、日本の食の歴史や陰陽五行の講座を催しています。なかでも普段何気なく接している物事の意味を深く、楽しく解説してくれる井関先生の講座と星岡茶寮伝統の料理がセットになった「夜間講座」は人気があります(月2〜3回開催、1回6000円)。

 


大正12年(1923)築の日本家屋は杉並区内でも貴重な存在。風格とともに懐かしさも感じさせます。洋館風の腰折れ屋根がモダン。


すりガラスの引き戸を開けて入る玄関。昭和レトロな照明がよく似合います。


夏ならではの簾戸(すど)が床しい、書院造りの広間。掛け軸は夏の瀑布を詠んだ有栖川宮熾仁親王の筆です。矢羽根薄、白桔梗、ポンポン菊を琉球ガラスの花瓶に。


広間での茶道教室の様子。歴史を重ねてきた日本家屋ならではの落ち着いた雰囲気のなかで、なごやかに進みます。お茶菓子は茶の湯マップでも紹介している亀屋萬年堂の干菓子です。


茶釜は川邊庄造、風炉釜は作者不明の年代物、平水指は魯山人作の黄瀬戸釉ドラ鉢、風炉先は雲月鵬雲斎好。


井関先生の手になる灰形は美しさが際立っています。


10月の月釜 風炉の釣り釜
•名残りの茶事
風炉の釣り釜を紅葉灰、付干香でお楽しみいただけます。
10月24日(土)、26日(月)、28日(水)、30日(金)、31日(土)
午前11時席入り
お問い合わせ/ご参加は下記コンタクトフォームをご利用ください。
https://www.hoshigaoka-web.com/contact.html


高分子化学の研究職から大転身を遂げた井関脩智先生。「物事の成り立ちを、その源までさかのぼって知りたいと思うのは、私が理系出身だからかもしれませんね」。著書『茶、ちゃ、チャでリフレッシュ』(生活ジャーナル刊)では、科学的アプローチでシニアにお茶の楽しみ方を紹介しています。


風流な蚊取り線香立てが置かれた入り側から、ガラス越しに庭の緑を眺める。思わずほっとため息がでそうな、日本の家ならではの心安まる光景です。



簡素な腰掛が置かれた露地。星岡では茶事貸席もおこなっており、懐石料理も用意できます。

 

星岡
https://www.hoshigaoka-web.com

所在地 東京都杉並区阿佐谷北6-13-9
TEL 03-3337-9180
FAX 03-5932-6139
営業時間 8:00〜21:00
定休日 年中無休
アクセス JR中央線「阿佐ヶ谷駅」北口からタクシー5分/
JR「阿佐ヶ谷駅」「荻窪駅」「中野駅」
または西武新宿線「鷺ノ宮駅」からバス利用

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット