→ KYOTO

新 着 情 報

プレゼント

Gallery hechi

ぎゃらりー へち

異文化を敬意をもって融合し
妥協を排した、唯一無二のものづくり

駅からほど近い閑静な住宅街に、オーナーの自宅の一角を改装して2012年にオープンした「Gallery hechi」があります。hechiは、時流や体勢に流されず自らが是としたことを実践し、食の煮炊きも茶の湯もひとつの手取釜で沸かしたという逸話をもつ伝説の茶人・丿貫(へちかん)」の名にちなみます。
はじまりは、裏千家茶道教授の池澤宗陽さんがメトロポリタン美術館で出会ったヤン・リーパオのバッグでした。ヤン・リーパオはタイ南部の熱帯雨林に自生するシダ系ツル植物で、それを素材に驚くほど緻密に編まれたバッグは、美しい光沢を放つ超高級品。タイ王室御用達としても知られていますが、材料も職人の技も絶滅の危機にありました。「この素晴らしい手仕事をなんとか伝え、残したい!」という思いに駆られた池澤さん。デザイナーとともに現地に何十回と足を運び、自身のベースにあるお茶の世界との共通点を見出しながら、10年以上の時間をかけてついに作りあげたのがhechiオリジナルのヤン・リーパオ製品です。
その過程で出会った縁とものづくりの魅力に導かれて、タイ、ラオス、ミャンマー、カンボジアの織物にも広がって、他にはない、異文化が融合した個性的で高品質なアイテムを生み出し、世に送り出しています。


それぞれの土地で育まれてきた文化、自然、工芸技術と、日本の暮らしや着物文化を融合させたオリジナル作品の数々。現地の職人とhechiデザイナー、日本の職人の技を併せ、糸選びから糸染め、織工程まで一切の妥協を排した唯一無二のものづくり。


ヤン・リーパオ製の茶道具。


手織の生地で作ったバッグ(35000円~)、トートバッグ(15000円~)。裏地や脇の生地にも高品質の手織タイシルクを使用。


すべてのhechi製品に対するオーナーの池澤さんの思いと職人の技を形にする、hechiデザイナーの清水史さん。折々に開催される個展のキュレーターも務めます。


hechiが選んだ作家を取り上げて、年数回、個展を開催。白はがね(ステンレス)茶釜(上)、火箸(下)ともに、鋳物作家・佐治真理子さんの作品。


併設の茶室は、広間と小間を備え、展示の際は作家の作品を設えることも。茶道初心者の方でも気軽にご参加できるGallery hechi企画の「季節の茶会」や、「子どものための茶道教室」「英語で学ぶ茶道教室」も不定期で開催。

開催の日程などはホームページをご覧ください。

 

Gallery hechi

http://hechi.jp/index.html

所在地 東京都狛江市岩戸北2-16-11
TEL 03-6751-2127
営業時間 10001700 不定休
アクセス 小田急線「喜多見」駅から徒歩4


只今ギャラリーを閉廊しており、通信販売を行っております。
セール企画を2020年7月末まで実施中です。お気軽にお問合せください。

今後の開廊予定はホームページ等でご確認下さい。

 

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット