→ KYOTO

新 着 情 報

池田 泰輔 竹芸展-数寄の心-開催のお知らせ

 

池田泰輔 利休籠花入 写 幅30×高さ30cm 

来たる6月8日(水)~6月13日(月)髙島屋横浜店七階美術画廊において「池田 泰輔 竹芸展-数寄の心-」が開催されます。

3代目 池田瓢阿の子として生まれ、父の手ほどきを受けながら竹芸の道を精進し、最近注目を集め始めている池田泰輔氏。茶人・数寄者として名をはせていた益田鈍翁より巧みな竹芸が高く評価された初代 池田瓢阿の技と想いは父である三代 池田瓢阿先生に師事しながらしっかりと受け継がれています。竹や籐で編んだ籠、茶杓のほか、三代 池田瓢阿先生の作品も賛助出品されるまたとない機会になります。ぜひ、会場へお足をお運びください。

会期:2022年6月8日(水)~6月13日(月)
場所:高島屋横浜店七階美術画廊
開廊時間:午前11時~午後7時(最終日8月10日は午後5時迄)
作家在廊日:全日在廊予定(4・6・8~10日は午後5時迄。5・7日は午後4時迄)

池田泰輔プロフィール:
昭和56年 東京生まれ
武蔵野美術大学日本画学科卒業後、父である三代目池田瓢阿に師事。
日本橋三越美術特選画廊にて親子展を定期的に開催。
令和2年 新宿柿傳ギャラリーにて初個展。

 

関連記事
竹楽会 池田瓢阿
名物籠の写しは、初代から受け継いできた家業の基本。形だけでなく作者の心まで写す、創造的な仕事を大切にしています。

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット