→ KYOTO

新 着 情 報

お茶人さんが選びたい!茶の湯の老舗訪問 豊田園

群馬県高崎市

慶応元年(1865)に茶の卸問屋として中山道の宿場町・高崎に創業。交通の要衝とい
う地の利を生かして販路を広げ、明治期には海外にも煎茶を輸出しました。戦後、五代目豊泉
伊三男氏は地方問屋から小売業に転換し、同時に茶道具の販売を始めます。店舗をビルに建
て替え、二階に茶室と立礼席を設けました。煎茶は静岡県・牧之原産の一番茶を新茶の
時期に買い付け、自社工場で商品化しています。煎茶は最上級の深蒸し茶、抹茶では自社銘「松
の翠」が定評を得ています。千家十職の道具から初心者向けの稽古道具まで、取り扱う茶道具も幅広い。当主の六代目豊泉幸雄氏は「茶の湯の愉しさを伝え、地域の茶道文化の活性化を図るのも老舗の役割と考えています」と語り、子供たち対象の茶道教室、展示会や講演会、茶杓作りなどのワークショップ開催にも力を入れてます。


各種茶道具を美しく展示した売り場。茶会での道具組の相談もお気軽にどうぞ


明治中期の広告チラシに使われた銅版画。重厚な土蔵造りの店舗、馬や荷車に積まれ
て到着した茶箱、引きも切らぬ客など、茶の卸問屋として繁盛した当時の様子がうかがえ
ます。正面の看板「豊盛軒」は勝海舟より

豊田園
http://www.toyodaen.jp
群馬県高崎市田町85
Tel.027-322-3166
9:30〜18:00/水曜定休
交通アクセス:JR高崎駅西口から徒歩12分

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット