→ KYOTO

新 着 情 報

三井記念美術館

みついきねんびじゅつかん

洋の建築空間で堪能する日本と東洋の美

三井グループで知られる旧財閥三井家は、家祖三井高利の次の代に11家に別れ、各家が日本と東洋の美術工芸品を蒐集してきました。1965年に社会経済史料の保存・公開のため「三井文庫」が設立され、1985年に東京都中野区には惣領家北家、新町家、室町家から美術品、南家から郵便切手等の寄贈を受け「三井文庫別館」として開館。2005年に重要文化財の洋風建築・三井本館内に移転開設されました。所蔵の美術工芸品約4,000点のうち、約半数が茶道具で、国宝「志野茶碗 銘 卯花墻」、重文「長次郎作 黒楽茶碗 銘俊寛」が含まれます。展示室には三井家ゆかりの国宝茶室「如庵」の室内を精巧に復元、展示される茶道具の取り合わせも眼福です。常設展示はなく、企画展を年5回開催しています。

http://www.mitsui-museum.jp

所在地

東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7階
(入り口は日本橋三井タワーアトリウム)

TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)
開館時間 10時~17時(入館は1630分まで)
休館日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
展示替期間、年末年始、臨時休館あり

アクセス 東京メトロ「三越前」駅より徒歩3分、「日本橋」駅より徒歩4

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット