→ KYOTO

新 着 情 報

プレゼント

遠山記念館
特別展「近代の皇室と茶の湯」

2020年10月3日(土)〜11月23日(月・祝)

このたび遠山記念館では、特別展「近代の皇室と茶の湯」を開催いたします。大正天皇の皇后である貞明皇后は、皇室を近代的に刷新した開明的な人物として知られています。その貞明皇后が、退位した後に住まわれた大宮御所(青山御所とも)に「秋泉御茶室」(三代木津宗詮設計)を構え、茶道の稽古をしていたことはあまり知られていません。この茶室には各茶道家元から献上された特別な茶道具の一式がありましたが、これらは昭和20年5月の空襲で大宮御所と共に焼けてしまい、現存しておりません。しかし献上品と共に作られた同工の作品は、「控え」などと呼ばれて家元などに保存されている場合があります。本展では、こうした控えなどから献上された茶道具を紹介するとともに、茶道具という古典を重んじる造形が、近代においてどのように展開したのかを考えてみたいと思います。


久世久宝「色絵金彩桐竹唐草文天目」個人蔵

(遠山記念館HPより)

会期 2020年10月3日(土)〜11月23日(月・祝)
開館時間 10時~16時30分(入館は16時00分まで)
休館日 月曜日(祝日の場合、翌日休館)
入館料 <特別展>
入館料:大人 1,000円(800円)
学生(高校・大学)800円(640円)
※中学生以下は無料( )内は20名様以上の団体料金

 

詳細は、遠山記念館ホームページをご覧ください。
アクセスなどの関連情報は… デジタル茶の湯マップ 遠山記念館

 

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット