→ KYOTO

新 着 情 報

プレゼント

菊池寛実記念 智美術館
菊池コレクション―継ぐ

 

2020年7月1日(水)~11月29日(日)

2019年は、京都と萩の伝統ある陶家で改名と襲名が行われました。京都では十五代樂吉左衞門(1949-)が樂直入(らくじきにゅう)に改名し、長男の篤人(あつんど)氏(1981-)が十六代を襲名しています。萩では十二代三輪休雪(みわきゅうせつ)(1940-)が三輪龍氣生(みわりゅうきしょう)に改名し、弟の和彦氏(1951-)が十三代を襲名しました。樂家は桃山時代に長次郎が千利休の思想のもと樂茶碗を創始して以来、約450年にわたって一子相伝で技法を伝え、樂茶碗を現代に継承させてきました。一方、三輪家は長州藩の御用窯として江戸時代前期から続いてきた萩焼の名門陶家で、歴代、休雪の名前を継承し、萩焼の技法を伝えています。 有田では代表的な窯元として十四代今泉今右衛門(1962-)と十五代酒井田柿右衛門(1968-)が伝統の色絵磁器を継いでいます。今泉家は、佐賀・鍋島藩の藩窯で作られた色絵磁器「色鍋島」において、代々赤絵師を務めました。廃藩後に素地作りから焼成まで一貫した色絵磁器の生産に取り組み、今右衛門として現在まで色鍋島を受け継ぎます。酒井田家は日本で初めて磁器の上絵付に成功したと伝えられ、江戸時代前期から有田を代表する色絵磁器の窯元として活動してきました。濁手(にごしで)と呼ばれる乳白色の白磁胎に余白を大きく残して描かれる左右非対称の色絵を特徴とします。
本展では今泉今右衛門、酒井田柿右衛門、三輪龍氣生、樂直入の作品を、菊池コレクションを中心に展示し、継承するやきものに表す制作者の挑戦と創意のかたちを紹介します。また、十五代樂吉左衞門の初期を代表する個展「天問」に出品された作品20点余りを、菊池コレクションから一堂に展示いたします。

(菊池寛実記念 智美術館HPより)

[展示作品 例]
・十四代今泉今右衛門《色絵墨はじき翡翠香炉》2011年
・十三代酒井田柿右衛門《濁手菜花文鉢》1975年頃
・三輪龍氣生《祈り》2015年
・樂直入《黒茶碗 花筵》1989年

会期 2020年7月1日(水)~11月29日(日)
開館時間 11:00~18:00 ※入館は17:30までになります
休館日 月曜日(ただし8/10、9/21、11/23は開館)、8/11(火)、9/23(水)、11/24(火)
入館料 一般1100円、大学生800円、小・中・高生500円
※未就学児は無料

詳細は、菊池寛実記念 智美術館ホームページをご覧ください。
アクセスなどの関連情報は… デジタル茶の湯マップ 菊池寛実記念 智美術館

 

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット