→ KYOTO

新 着 情 報

プレゼント

〈終了〉永青文庫
財団設立70周年記念 永青文庫名品展 ―没後50年“美術の殿様”
細川護立コレクション―

※この展示会は終了しました

2020年9月12日(土)~11月8日(日)
前期:9月12日(土)~10月11日(日)
後期:10月13日(火)~11月8日(日)※前・後期で展示替有り

2020年は、永青文庫の設立者である細川護立(もりたつ)(細川家16代当主・1883~1970)の没後50年にあたります。護立は稀代のコレクターとして知られ、十代の頃から白隠(はくいん)・仙厓(せんがい)などの禅画や刀剣の蒐集を始め、近代絵画、東洋美術に至るまで、幅広くコレクションしました。このような多岐にわたる護立の蒐集品は、当館の所蔵品を特徴づける重要な柱となっています。そのなかには国宝・重要文化財が20点以上含まれていますが、本年、新たに近代絵画コレクションから松岡映丘(えいきゅう)の「室君(むろぎみ)」と平福百穂(ひらふくひゃくすい)の「豫譲(よじょう)」が重文に指定されました。
本展では、新指定の2点、菱田春草(ひしだしゅんそう)の「落葉」と「黒き猫」(いずれも重要文化財)をはじめとする近代日本画のほか、刀剣、禅画、中国美術など、護立が集めた名品を一挙展示し、コレクションの軌跡をたどります。さらに、2年にわたる修理完成を記念し、騎馬武者像の優品「細川澄元(すみもと)像」(重要文化財)を特別公開します。

“美術の殿様”とも呼ばれた細川護立。その珠玉のコレクションを存分にお楽しみください。


(永青文庫HPより)

会期 2020年9月12日(土)~11月8日(日)
前期:9月12日(土)~10月11日(日)
後期:10月13日(火)~11月8日(日)※前・後期で展示替有り
開館時間 10:00~16:30 (入館は16:00まで)
休館日 月曜日(但し9/21は開館し、9/23は休館)
入館料 一般:1000円
シニア(70歳以上):800円
大学・高校生:500円
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料

 

詳細は、永青文庫ホームページをご覧ください。
アクセスなどの関連情報は… デジタル茶の湯マップ 永青文庫

 

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット