オススメ

月釜・美術館

TOKYO Review & Report

プレゼント

茶の湯や日本文化の情報をひとまとめ

森の恵

もりのめぐみ

大工の技と茶人目線での茶室づくり。
茶の湯の楽しみと茶のあるくらしを発信する工務店。

数寄屋建築を得意とし、ライフスタイルにあった茶室づくりを提案する工務店・森の恵。そのオフィスにも、2つの茶室があります。そのひとつである「木乃き庵」は、数寄屋の名工と謳われた三代目木村清兵衛によって80年前に建てられた鎌倉市の茶室の待合を移築して、当時の古材を生かし新しい茶室に再生したものです。茶室づくりを考えているかたのヒントとして、モデルルームとして公開しているほか、この茶室を使って松永泰輔さんはお茶の普及を目指して、月釜を企画しています。
森の恵は、泰輔さんの祖父が創業。横須賀に生まれ、大工として社などの建築も手がけていました。茶室づくりは、二代目の現社長である父の賢司さんがはじめ、知識を得るために習い始めた茶道に魅せられ、茶人として自身の稽古場を持つまでになりました。賢司さんの手掛ける茶室は、大工としての技だけでなく、茶人として施主と同じ目線で、生活にも馴染みつつ使い勝手が良いと評判で、その実績を年々増やしています。泰輔さんも、裏千家学園に学び茶道の世界に身を置いて、大工である弟とともに、家族で茶の湯を楽しみながら、工務店・森の恵の次代として、茶室づくりを提案していこうとしています。


自社のオフィス内に設けられた茶室「木乃き庵」は、取り込む光の陰影によって厳かな雰囲気。由緒ある古材が高度な大工の技で生かされています。


国産の無垢材にこだわる森の恵の住まいづくり。打ち合わせスペースにも木のぬくもりが広がります。茶室はこの奥に。


もうひとつの茶室「妙松泉(みょうしょうせん)」とオリジナルの立礼棚(写真上)。写真下は、ある施設に納品した茶室で使える腰掛け椅子。2つを入れ子式に組み合わせて収納可能。こうした目的に即した便利なプロダクトも製作しています。


屋内で2つの茶室をつなぐ露地には手水鉢もある。


泰輔さんも「木乃き庵」で自身の稽古場を持ちながら、誰でも気軽に参加できる月釜も企画しています。「とくに若い人に茶の湯をもっと身近に感じてもらいたい。茶の湯は楽しいもの。お茶が好きになって、茶室づくりももっと身近に考えていただき、気軽に相談していただきたい」と語ります。


「木乃き庵」の水屋。たくさんの光が取り込まれて美しく、床下を生かした大容量の収納も確保している。森の恵が提案する茶室は、マンションでも戸建のリフォームでも、見事に水屋も含めた動線が確保され、フレキシブルに空間を生かして、適切に設計されている。


森の恵のオフィスのレンガ張りの外観。大工の育成にも力を入れている。

 

株式会社 森の恵

http://www.morinomegumi.jp/

所在地 神奈川県横浜市栄区公田町1605
TEL 045-890-1213
TEL 045-890-1214
営業時間 17002100 日曜・祝日休
アクセス

JR京浜東北・根岸線「本郷台駅」徒歩15
神奈川中央交通 バス停「天神橋」 徒歩3

ここへ行く(Google Mapを開く)

森の恵 松永賢司氏が代表を務める「一般社団法人 現代茶道塾」では、茶道に関する各種教室やセミナーなどを行っています。

お問い合わせ
http://www.gendai-chadojuku.jp/
事務局TEL 045-410-8191

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット