→ KYOTO

新 着 情 報

プレゼント

はち巻 岡田

はちまき おかだ

銀座で100年、
三代にわたり守り伝えてきた江戸の味と心意気。

創業は大正51916)年。船大工の息子として生まれた初代・岡田庄次氏が、妻のこうとはじめた小さな料理屋、それが「岡田」でした。ふたりとも料理に関しては素人で、だからこそ日々勉強を重ね、年中無休で夢中で働いたといいます。頑固で職人肌の主人と、気働きのある女将の組み合わせが評判になり、店には著名な文化人たちが足しげく通うようになりました。二代目の千代造氏、当代の幸造氏と、主人の人柄と味を慕う常連が絶えません。
大正から昭和に活躍した小説家で劇作家の久米正雄も、「岡田」を贔屓にしたひとり。「夏の夜の浅き香に立て岡田椀」と詠んだ岡田茶わんは、初代がすっぽん鍋からインスピレーションを受けて作った逸品です。作家の山口瞳に「これを食べないと冬がこない」と言わしめた鮟鱇鍋も初代から伝わる江戸前の味。ほかにも、小泉信三、川喜多半泥子、小村雪岱、岡本一平といった常連に愛されてきた料理の数々が、いまも味わえます。


1階はカウンター、テーブル3席と三畳の小上がり。2階にお座敷があります。料理はおまかせひととおりで1万4000円~。初代の肖像がお店を見守ります。


鶏の澄んだスープに、たっぷりの白髪葱と生姜。献立の筆頭を飾る「岡田茶わん」(900円)。


焼き立てあつあつの粟麩田楽に、たっぷりの味噌をのせて。


鮟鱇の”七つ道具”をあますところなく使った鮟鱇鍋は、冬の名物料理。


直木賞作家で大映映画の専務も務めた川口松太郎が初代の女将・こうの長寿を願って「不老こう」の文字を書いた寄せ書き。川口氏は当代・幸造氏の名づけ親でもあります。


三代目(当代)幸造氏。おっとりとした語り口と笑顔からは人柄のよさが伝わってきます。


日本酒は杉の香る菊正宗の樽酒です。


お店の雰囲気に合った懐かしい黒電話。今も現役で使用しています。


カウンターには、常連さんから贈られた招き猫。

 

はち巻 岡田

所在地 東京都中央区銀座3-7-21
TEL 03-3561-0357
営業時間 17002100 日曜・祝日休
アクセス 東京メトロ銀座線、日比谷線、丸ノ内線「銀座駅」A12出口から徒歩3
有楽町線「銀座一丁目駅」
9出口から徒歩2

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット