→ KYOTO

新 着 情 報

プレゼント

鉢の木 北鎌倉店 / 新館

はちのき きたかまくらてん/しんかん

四季の恵みと一体となって育まれてきた日本の精進料理は、
食べ物とは何か、という根本からの問いに対する答えのひとつ。

鎌倉の「鉢の木」は今年で創業 56 年になる日本料理店です。緑豊かな谷戸を通る鎌倉街道 に面して立つ精進料理の「鉢の木 北鎌倉店」、会席料理の「鉢の木 新館」の 2 店舗は、花の寺として人気の東慶寺、鎌倉大仏へ通じるハイキングコースの起点でもある浄智寺に近く、円覚寺と建長寺の荘重な伽藍を擁する山を背にするという環境にも恵まれています。

コロナウイルス感染拡大の影響を受けて 4 月から休業していた「北鎌倉店」は、10 月 1 日 にリニューアルオープンしました。全席個室(2 名〜30 名)、完全予約制(個室・サービス 料無料)で、これまで以上に素材を大切に、内容を厳選した2 種類のコースを用意。社長の藤川譲治さんは「このたびのコロナ禍は、“食べ物とは何か? 料理とは何か?”を根源に 遡って考えるきっかけになりました。」と語ります。「『北鎌倉店』の料理は、出汁にいたるま で動物性食品を使わない本格精進料理です。その料理哲学は今、世界で多くの若い人たちの 支持を集めつつあるヴィーガニズム(veganism)という考え方とも呼応します。日本の精進料理は、コロナ後の世界でこれまで以上に関心を持たれるのではないでしょうか。禅宗とともに発達したという点でもまさに鎌倉の歴史と重なりますので、鎌倉にある当店のことをSNSなどで広く海外へアピールしていきたいですね」と藤川さん。

同時に、会席料理の「新館」では4月から仕出しも強化しました。鎌倉市全域を対象に、自慢の料理を彩りよく詰め合わせたお弁当を店のスタッフが直接お届けしています。時には社長が持参することもあるとか。地元で長く愛されてきた店ならではの心のこもった対応が好評です。


北鎌倉店 1 階の部屋からは、新館の中庭が眺められます。

 



北鎌倉店の本格精進料理コースは 2 種類。
上は「桂」4400 円(税込)。初めて精進料理を食 べる方にもおすすめです。
下は「松」7700 円(税込)。充実した品数と内容で伝統の味が堪 能できます。
どちらも季節で内容が変わるのも楽しみ。

 


精進料理を代表する一品といえば「胡麻豆腐」。ある国の大使館職員の方から作り方をおしえてほしいと 頼まれたこともあるそうです。

 


長寿と福を願う『延命十句観音経』から名前を取った、鉢の木の名物料理「湯葉の延命袱紗 揚げ」。「松」コースに登場します。

 



新館の入り口と中庭。小さな池をはさんで北鎌倉店と隣り合っています。

 


新館の秋の仕出し弁当から。
上は「秋の鉢の木特選 贅沢会席 2 段弁当」3500 円(税別)。 松茸ご飯、和牛ローストビーフ、鰆の西京焼、活け車海老などを彩りよく盛りつけました。
下は値段も手頃な「会席 1 段弁当」1500 円。

お届け時間は 10 時 30 分〜17 時 30 分、注文 は鎌倉市内は 2 個から。お昼は前日 16 時まで、夕方は当日午前中にご注文ください。また、来店引き渡しの場合は 8%off になるサービスを実施しています。

 


藤川譲治さんは大学で経済学を専攻。京都岡崎の「美濃吉」で修業したのち鉢の木に入り、 創業者で当時社長だった母の片腕として経営手腕を発揮してきました。「母が建長寺の門前 で始めた、おにぎりに精進揚げを添えて出す小さな店が当店のルーツです。新しいものを取 り入れて、ピンチをチャンスに。母が身をもっておしえてくれたスピリットでコロナ禍も 乗り切りたいと思っています」

 

鉢の木 北鎌倉店/新館
http://www.hachinoki.co.jp

最新の情報は下記SNSをフォローしてご確認ください。
facebook
https://www.facebook.com/kamakurahachinoki/
Twitter
https://twitter.com/hachinoki_now

所在地 神奈川県鎌倉市山ノ内 350
TEL 0467-23-3723
FAX 0467-24-0340
営業時間 北鎌倉店
昼 11:30〜13:30LO 夜 17:00〜18:00LO
*昼夜ともに予約制新館
昼 11:30〜13:30LO
夜 17:00〜19:00
※前日までに要予約
定休日 北鎌倉店 水・木曜休

新館 不定休

アクセス JR 横須賀線「北鎌倉駅」から徒歩 5 分

今月の月釜スケジュール

見に行きたい美術館

お茶の旧跡

ラグジュアリーなホテル・旅館

お手頃に泊まれるホテル

美食を堪能できるお店

口福の京菓子

ショッピングや体験

宇治と京都のお茶

きものと和小物

焼き物や工芸・職人の技

お立ち寄り観光スポット